ペアーズで激モテするメッセージのコツ【男性必見!】

2020 8/02
ペアーズで激モテするメッセージのコツ【男性必見!】
目次

ペアーズでモテる人は1通目のメッセージから違う

ペアーズでモテている人は、1通目のメッセージから違います。

どんなにイケメンの写真を載せていても、1通目を適切に送れなければ会話が始まらないからです。

逆に言うと、イケメンでなくとも1通目次第で大きく印象を変えられるのでポイントを確認しておきましょう。

1通目は自分のいいねを増やした状態で送る

メッセージ以前の話ですが、女性からの食いつきは自分のいいね数によって変わりますよ。
女性は、他の女性にもモテている男性を好きになりやすいです。

そのため、すでにモテていることを演出できるように、
・プロフィール写真にこだわる
・多くの人に足跡をつけて女性からの「いいね」を増やす
などの準備は必須ですね。

ほとんどのライバルは10〜20のいいねしか獲得していないので、まずは30いいねを目指しましょう。

1通目はマッチング後すぐに送る

1通目はマッチング後すぐに送りましょう。

好みの女性はペアーズに常にログインしているわけではありません。
通勤中や夜寝る前のわずかな時間だけしかメッセージを見ない人もいます。

そのため、マッチングして数日後にメッセージを送っても返ってこないことがほとんどです。

相手が確実にログインしている、マッチングした直後にメッセージを送っておきましょう。

よくあるテンプレメッセージは使わない

テンプレのようなありきたりなメッセージは避けましょう。

「はじめまして」「よろしくお願いします」だけだと、スルーされてしまうことがほとんどです。

女性のユーザーは男性よりも大量のメッセージをもらっています。
そのため、他の人と同じようなつまらない文章を送っても開封すらされません。

相手の関心事+褒めの短いメッセージを送る

どうすればこちらに関心を持ってもらえるかというと、相手の関心事についてのメッセージを送るのです。

プロフィールやコミュニティーから相手が好きそうで、できれば自分も興味をもてそうなことに関するメッセージを送りましょう。

すると単純に女性も好きなものに関する話をしたいので、返信率が高まります。

加えて、軽く褒めて相手の気分を良くするのも効果的ですよ。

相手の特徴+褒めの短いメッセージを送る

相手の特徴を予想して言ってあげるのも女性は喜びます。

自分の新たな一面を発見したいという女性は多いです。

例えば
「お酒強そうですね」
「ショートも似合いそう」
などと言うと、どうしてそう思ったんだろうとこちらに興味を持ってもらえます。

できれば相手が言われたことが無さそうな特徴を伝えてあげると、より効果的です。

ストレートに好意を伝える

ストレートに好意を伝えるのも有効なことがあります。

愛情に飢えているような、メンタルが不安定な女性には特に響きやすいからです。
押しに弱い女性にも効くことがあります。

ただし初めは距離をとりたい外見も地味目な女性には、一発で引かれることもあるので見極めには気をつけましょう。

ボケまたはツッコミの余地のあるメッセージを送る

相手が思わず笑ってしまうようなメッセージも効果的です。

特にいいねをたくさんもらっている女性には、他の男性との差別化になります。
自分を楽しませてくれる面白い男性を好きになる女性も多いので、笑いは積極的に狙いたいところ。

相手の写真に対して何かしらツッコミを入れるのがおすすめです。

ペアーズで送るべき1通目のメッセージ例文

1通目のポイントを抑えたところで、実際の例文を見ていきましょう。

よくいそうな女性をターゲットにした例文をつくったので、参考にしてみてください。

例文①「ディズニー好きなんですね、よく行くの?カチューシャ可愛いね!」

ディズニーに行ったときの写真をプロフィールに設定している女性向けですね。

例文①にはポイントが3つあります。
1. 相手の好きなものについて話題を振っている
2. 質問を入れている
3. 褒めている

写真とコミュニティーである程度その人の好みはわかるはずです。

ぜひ相手の好きなものに関する話題を振ってあげましょう。
相手も話したいので返信率が上がりますし、こちらも聞き手になればいいので楽です。

また、最初のメッセージには簡単に答えられる質問を入れておくとよいでしょう。
相手はメッセージを見て、どう返信しようか考えます。

そのときに何と返信するか迷ってしまい、めんどくさくなり送らないというパターンも想定できます。

それを防ぐためにも、1通目は短くシンプルな質問を入れるのがおすすめです。

例文②「猫っぽくて可愛いね」

コミュニティーや自己紹介文で猫好きをアピールしている女性向けですね。

猫好きの女性は、「猫っぽい」と伝えてあげると喜んでくれることが多いです。
自分が好きなものに近いと言われたら嬉しいですもんね。

たいてい短い感謝のメッセージが返ってくるので、そこから会話を始めましょう。

例文③「タイプだったのでいいねしました!」

ストレートに好意を伝えるのもおすすめです。
好意の返報性という原理で、人には好きと言われた相手を気になってしまう性質があります。

そのため、こちらから先に好意を伝えるのは効果的です。

私は1通目のメッセージに迷ったらよく使うのですが、返信率は割と高いですよ。

例文④「写真トイレでとったでしょ?」

これは撮影場所がおそらくトイレでは?という女性に向けたメッセージです。
(意外とよくいます)

「バレた!?笑」
「よくわかったね笑」
などの返信がきて、いきなり和めることが多いですよ。

ツッコミどころのある写真や自己紹介文に対しては、積極的にツッコミを入れましょう。

ペアーズで意識すべきメッセージのポイント

1通目の送り方について、理解していただけたと思います。
ぜひたくさんの方にメッセージを送ってみてください。

続いて1通目の返信が返ってきた後のコツについて説明します。
ぜひ初デートに向けてメッセージを重ねるときのポイントを覚えておいてください。

5人以上の相手と同時にメッセージをする

前提として、1人に固執せず5人以上の複数の相手とメッセージをするようにしましょう。

モテるためには、他の女性にもすでにモテているという演出や心の余裕が必要です。
仮に1人に絞ってしてしまうと、相手からメッセージがこなくなったときに不安になってしまいます。

すると、急に弱気になって非モテコミットをしてしまいかねません。

自分はたくさんの女性に好かれるモテ男なんだと言い聞かせ、複数の女性とやり取りをしましょう。

主導権をにぎる

女性をデートに誘いたければ、こちらが主導権を握ることも大切です。
自信や男らしさは、モテるためには欠かせません。

ぜひメッセージの中でアピールするためにも主導権を握ることを意識してください。

具体的にはこちらから話題を振ったり、その日のやり取りを終わらせたりすると良いです。
最低限、自分から話題を出してデートの誘いをしましょう。

共感を意識して相手を安心させる

ネットでの出会いでは、相手を安心させることを大事にしてください。
通常よりも、知らない相手と会うのに警戒する女性が多いからです。

安心してもらうためには、自分と似ているところがあると思わせると効果的ですよ。
例えば共通の趣味の話をしたり、昔した似たような経験の話をすれば、無意識に安全な人だと認識してくれます。

いざデートに誘う前は、安心感を抱かせるように意識しましょう。

目的から逆算してメッセージを送る

メッセージを送るときは、目的をきちんと意識しましょう。
無目的になんとなくメッセージを続けても、いつまでもデートに繋がりません。

多くの女性とデートしたければ、効率のよい会話を考えると良いです。

デートの誘いにのってくれるまでに、私の経験上いくつかの段階があると考えています。

①好みが合う、信頼できる人だと認識してもらう
②LINEへ移行する
③食事の話題を出す
④食事に誘う

それぞれ簡単に説明しますね。

①:まずは好みの合う、信頼できる人だと認識してもらうように会話を続けることを意識しましょう

この人と会話を続けたいと感じてもらうために、3日もしくは10通以上を目安にメッセージをすると良いです。

②:ある程度メッセージを続けたらLINEのIDを聞き出しましょう

LINEに移行するのは、LINEで会話していた方が相手がなんとなく親しいと錯覚してもらえるからです。

場合によっては、メッセージだけでなく電話をすることもあります。

③:ご飯に誘いやすくするために、食事の話題を出しておく

得意料理や好きな料理についてなどは、とくに盛り上がりやすいですね。

尽くしたい女性の場合、いきなりご飯を作ってもらうことも可能ですよ。

④:食事の話題をしたあとは、思い切ってデートに誘いましょう

スマートに約束を取り付けるために、お店はこちらで決めておくと伝え、
都合のよい日程をいくつか提示した中から選んでもらうのがおすすめです。

相手より上の立場でいるように心がける

メッセージの中では、相手より下の立場にならないように気をつけましょう。

そもそも女性は本能的に優れた子孫を残そうと、自分より優れた遺伝子をもつ男性を好きになる傾向があります。

そのため、自分より優れていると認識させることが大事なのです。

相手を褒め称えすぎたり、自分なんてと謙遜しすぎたりすると恋愛の対象から外されてしまいます。

普段から控えめで謙遜しがちな人は、気をつけるようにしましょう。

理由をつけて相手を誘う

何かに誘うときは、無理矢理でもいいので理由をつけるようにしましょう。

そのほうが女性は、無意識的に納得してくれやすくなります。

例えば、ペアーズからLINEに移行するときは、
「このアプリあまり開かないから〜」
「通知がこないから〜」
などと、たいしたものでなくて良いので理由をつけましょう。

デートに誘うときは、
「この店に行ってみたいから〜」
「1回ここの料理を食べてみてほしいから〜」
などと、直接的にならないように理由をつけるのがおすすめです。

ペアーズでモテるメッセージの例文

年下のディズニー好きな相手とはディスりながら話す

自分「ディズニー好きなんですね、よく行くの?カチューシャ可愛いね!」

相手「最近行けてないけど、好きですよ。ありがとうございます!」

自分「〇〇さんはなんとなく家でもカチューシャつけて遊んでそう…。」

相手「そんなわけないですよ笑 家では大人しくしてます笑」

自分「そっか、〇〇童顔で可愛いからしてそうだと思った笑」

相手「それはないですww ありがとうございます!」

自分「〇〇は小学校何年生??」

相手「もう大人ですw 働いてますよ!笑」

自分「そーなんだ、仕事何してるの?」

相手「看護師です」

自分「子どもなのに夜勤してるんだ、大変そうだね」

相手「大人です!笑 うん、明日も夜勤…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記のようにまずは他愛もない話を続けると良いです。

相手には、
・このままもう少し話したい
・危ない人ではなさそう
と感じてもらえば、数日後にはLINEの交換やデートの誘いが可能になります。

年上の女性にご飯を作ってもらうことを狙いながら話す

自分「こんばんは!料理上手ですね、彩りもきれい…。何がいちばん得意なんですか?」

相手「こんばんは!ありがとうございます。何でしょう…ハンバーグとかですかね」

自分「ハンバーグめっちゃいいですね、〇〇さんみたいな美人の手料理だったらなおさら最高だ」

相手「ハンバーグ美味しいですよね!美人じゃないですよ、ありがとうございます」

自分「料理教室とか行ってるんですか?ぼくも作れるようになりたい…」

相手「行ってないですよ、何となくで作ってます」

自分「それはすごい!今度作り方教えてほしい〜」

相手「仲良くなったらいいですよ笑」

自分「じゃあ教わる前に一回ランチでもいきません??」

相手「ランチいいですね♩」

自分「ご飯なにが好きですか?」

相手「和食かな」

自分「お!ぼくも好きです。魚の美味しい店知ってるんで連れてきますね!」

相手「やった、ありがとう!」

自分「来週の土日はどちらか空いてますか?」

相手「土曜日なら!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

相手によってはいきなり手料理を振舞ってくれることもありますが、無理しない会話にしてみました。

初めから手料理を狙うなら、電話などでもう少し関係をつくる必要がありますね。

年上の女性には、可愛いと思ってもらいつつも男らしく振る舞うようにしましょう。
メッセージはひらがな多めで、初めは敬語も使います。

だんだんとこちらでリードするように変えていくとよいです。

この記事を書いた人

14歳からナンパを始めたアラサー。

「結婚相手を本気で探すための手段としてのナンパ」を推奨している。

計2000冊の書籍を読破し「心理学」や「行動経済学」「進化心理学」を元にモテを研究している。

目次
閉じる