「イケメンが羨ましい」と悩むよりも自信を付ければモテる【事実】

2020 4/27
「イケメンが羨ましい」と悩むよりも自信を付ければモテる【事実】

こんにちは、れおんです。

たまに「イケメンが羨ましい」と、イケメンに対して過度な憧れを抱いている人がいますよね。

そういう人って、もうその時点でモテません。

重要なのことは、「女性からモテること」であり、別にイケメンである必要はない。

そもそも60代になれば、イケメンだろうが衰えます。
逆にイケメンだけが取り柄の人は、その年代になって何も持ってないことになってしまうんですよね。

そんなこんなで、今回は「イケメンを羨ましい」と憧れを抱くよりも自信をつけてモテようぜって話をします。

目次

イケメンが羨ましいと感じてしまう理由

僕も昔は「イケメンは羨ましいな」とずっと思っていました。

しかし、今では「イケメンじゃなくて良かったな」と心から思うんですよね。

ではなぜ、イケメンが羨ましいと思ってしまうのでしょうか?

その理由は以下の2つでしょう。

  • 高校生まではイケメンが実際モテるから
  • 一定数イケメン好きが存在するから

イケメンが羨ましいと思う理由① 高校生まではイケメンが実際モテるから

まず、実際のところ高校生まではイケメンがめちゃくちゃモテます。

小学生の時、イケメンで足が速い人がモテていましたよね。

中学生の時は、イケメンがバレンタインデーを独占していました。

高校生になると、イケメンは後輩からもチヤホヤされたりしていましたね。

そうです。実際に高校生まではイケメンがモテるんですよ。

この時の“刷り込み”が強いので、「イケメンって羨ましいなぁ〜!くぅ!!」と思いやすい。

ですが、後で解説しますが、大人になるとイケメンは美女からモテません。

よってこの刷り込みは捨てたほうが、モテるためには良いですよ。

イケメンが羨ましいと思う理由② 一定数イケメン好きが存在するから

そして第二に、大人になってもいわゆる「面食い(めんくい)」が存在します。

メンクイはとにかく「イケメン!イケメン!」と口癖にように言うので、それを聞いて「イケメンってモテるなぁ」と思ってしまうんですよね。

でも僕が思うに、面食いの人って可愛くない人が多いです。美女は意外と面食いじゃない人が多いですよ。

そもそもイケメンの数はめちゃくちゃ少ない

イケメンに関してもう少し説明します。

そもそも街を歩いていてイケメンって見かけますか?

可愛い子はよく見かけますが、「あの人イケメンだな!」って人はほとんどいないと思います。

なぜか?

単純に、女性の場合は「化粧」という手段がありますが、男性にはそれがないからです。

女性がみんなスッピンで歩いていたら、ほとんど可愛いなって思う人には出会わないはずなんですよ。

このように、そもそもイケメンは少ない。
そんな超少数派に対して憧れを抱いている時間は無駄だと僕は考えています。

羨ましいって気持ちはめちゃくちゃ分かるけどね!

美男美女のカップルが少ない理由

次に、イケメンが美女と付き合っているのって珍しいんですよね。

これはなぜか?

簡単な話で、イケメンは美女を落とせる魅力を持っていないからです。

イケメンの大半が、顔が良いのでチヤホヤされて育っているので、「ちくしょう」という負けん気がありません。

女性にモテるための努力や工夫をしてこない。

その結果、イケメンは自分の顔に過信しすぎて、モテる美女を落とす魅力を備えることができないのです。

イケメンは負のギャップを生みやすい

ちなみにイケメンが美女レベルを落とすことができない理由の1つに、負のギャップを生みやすいことがあります。

【負のギャップとは?】

第一印象が良い場合に、現実で少しでも悪い点があると一気に期待はずれになること。

イケメンだという好印象から入って、接するうちに女々しい一面が見えたらいきなり萎える…みたいなね。

(逆に、正のギャップは、ヤンキーが老人に席を譲ったら「え!めっちゃいい人!」となるみたいなことです。最初が悪く、後が良いパターンは相手を魅了しやすい。)

このように、イケメンは最初にハードルが上がってしまうので、中身が微妙だと幻滅されやすいのです。

そして、大抵のイケメンは先ほど説明したとおり、モテる努力をしてこなかったので中身が微妙。

僕が女性から聞くに、イケメンは女々しい人が多かったりと中身が微妙なことが多いみたいです。

要するに、イケメンはイケメンで美女からモテないってことです。

金持ちの家庭に生まれた人が、金持ちになれないって理屈と近いですね。(貧乏がゆえの逆転してやろうというモチベーションが生まれないからね。)

イケメンは羨ましくない!モテる要素は顔よりも自信である

ヤンキーってやたらと美人と付き合っていますよね。

海に行けば、一瞬でわかりますよ。見た目が怖い人の隣に、超絶美女がいますw

町中でも、美女と付き合っている人はオラオラ系なんですよね。

この理由は絶対的に「自信」にあります。

自分に自信がある人は、女性から見た時の魅力度が非常に高いです。

自信の重要性は石器時代に由来する

石器時代にさかのぼりましょう。その時代は「狩りができる男」と結婚することで、生存率を高めることができました。

要するに、女性は顔の良し悪しよりも、狩りができる男を好んでいたのです。

そして狩りができるかどうかの判断は、漂う雰囲気から感じ取ろうとします。

それらはまさに男らしさや自信から感じ取ることができるんですよね。

人間のDNAはその時代からそこまでの変化はありません。

よって、現代でも狩りができるような強い男。自信のある男を女性は好むのでしょう。

羨ましいと思うな!イケメンよりもモテるための5つの手段

ここまでの解説で、「あれ?意外とイケメンってそんなにモテないのか?」と認識できたでしょう。

イケメンへの憧れを少しでも捨てることができれば、次にすべきことはイケメンよりもモテるための施策を打つことです。

ここでは僕がイケメンよりもモテるためにしている5つの手段を紹介しますね。

  1. 筋肉をつける
  2. 仕事で成果を上げる
  3. 読書をして教養を身につける
  4. ファッションを勉強する
  5. 女性との出会いを増やし場数を踏む

①筋肉をつける

イケメンを超えるためには、自信が必要だと話しましたよね。

自信をつけるために、僕がしていることの1つが「筋トレ」です。

自信をつけるためには「小さな成功体験を積み重ねる」ということが非常に重要なんですよね。

筋トレは正しく継続すれば、確実に成果が出ます。つまり小さな成功体験を積みやすい。

更には、自分の見た目に対しての自信を少しずつ持てるようになっていく。

この相乗効果によって、自信が生まれ、体もカッコよくなるのでモテるのは当然なんですよ。

ちなみに、筋トレをしていなくてもプロテインは毎晩飲みましょう。

タンパク質を摂取することで、肌ツヤも良くなるし、髪の毛も綺麗になるので、絶対におすすめです。

僕は「マイプロテイン ナチュラルチョコレート」を飲んでいます。これまで色々試してきましたが、味と品質と価格のバランスが最も良かったですね。

あわせて読みたい
僕が激推しするプロテイン2択【コスパ重視で選んでいます!】
僕が激推しするプロテイン2択【コスパ重視で選んでいます!】僕は「細マッチョよりも少しマッチョ」を常にキープするようにしています。マッチョになり過ぎると、筋肉が嫌いな女性にモテなくなるので、この体型を戦略的に選択しま...

②仕事で成果を上げる

仕事ができないイケメンは多いです。僕の元職場でもそういう人がいましたが、逆にダサいですねw

皆さんは、ぜひ仕事に打ち込んで成果を上げてください。

これも自信をつけるための成功体験に通じる話ですが、仕事は成果が見やすいものです。

よって仕事で成果を上げることができれば、「自分は仕事ができる男だ」という自信に繋がるんですよ。

それによって転職で更にキャリアアップを目指したり、その職場で出世することもできるでしょう。

そして、特に30代以上は「経済力」もモテる要素の大事な1つですからね。

仕事は男の基盤として、懸命に努力することが重要だと思いますよ。

③読書をして教養を身につける

次に教養のある賢い人は、やっぱりモテますね。

頭の悪いヤンキーはモテますが、相手の女性も頭がめちゃくちゃ悪い場合が多いです。

僕が求める女性は、やっぱりある程度の賢さがある美女なので、そういう女性を落とすためには教養が必要です。

最初の1冊としておすすめするなら、「7つの習慣」ですね。歴史的な名著です。

本は何冊読むかが重要じゃなくて、“いかの素晴らしい本を深く読み込むか”なんですよ。

この本は分厚いけど、ぜひ時間をかけてじっくりと読み込んでください。

恋愛にも、仕事にもすべてに良い影響を与えることは間違いありません。

④ファッションを勉強する

次に僕も現在進行形で、ファッションの勉強には力を入れています。

基本的には「ユニクロ+ZARA」をメインに、コーディネートを組み立てているのですが、ファッションに自信が持てるようになると、本当に見た目に関して自信を持てるようになります。

雰囲気イケメンという言葉があるように、ファッションによってイケメンに見えます!

「おしゃれじゃないメンズをおしゃれにする」ということで活動されているMBさんが非常に参考になります。

YouTubeにて、ファッションを論理的に語っているので、ぜひ参考にしてください!

(ナンパを教えている人とかが、ファッションまでコンサルタントとかしているみたいですが、MBさんの動画を見て独学した方が早いですよ!)

⑤女性との出会いを増やし場数を踏む

ここまでの「筋トレ+仕事+読書+ファッション」は、自信をつけて魅力度を高める要素です。

最終的にモテるためには、僕が提唱している「モテ度=出会いの数×魅力度」を押さえておきましょう。

ここまで魅力度を高める手段を紹介してきましたが、「出会いの数」を増やすこともモテるためには必要です。

そして、女性との出会いの数を高めるためには、マッチングアプリ一択ですね。

マッチングアプリを利用する女性のレベルは超高くなっている

正直、一昨年まではマッチングアプリを利用している女性のレベルは低かった。

しかし、最近では「マッチングアプリ=出会いの手段」としての認知が高まり、美女が多い。

よって、女性との出会いを増やす手段としてマッチングアプリが非常に有用なんですよね。

ぜひまだ利用していない方は、マッチングアプリを活用しましょう。

本記事のまとめ

いかがでしたか?

イケメンは美女からモテないということを知り、少しは自信が付いたでしょうか?

正直、「イケメン羨ましいなぁ」と言っている人は、それがモテない言い訳になっている人が多い印象があります。

ですが、行動次第でだれでもモテるようになります。

ぜひ今回の記事を参考にして、イケメンをはるかに超えるほどにモテる男性になってください!

その役に少しでも立つ情報をこれからも大量に発信していきます。

以上!そうは言っても真剣佑になりたいと思っているれおんでした!ちゃお!

この記事を書いた人

14歳からナンパを始めたアラサー。

「結婚相手を本気で探すための手段としてのナンパ」を推奨している。

計2000冊の書籍を読破し「心理学」や「行動経済学」「進化心理学」を元にモテを研究している。

目次
閉じる